一般社団法人 江別青年会議所 ホームページ

一般社団法人 江別青年会議所

 
 
 
    

ホームホーム青年会議所とは青年会議所とは例会案内例会案内事業報告事業報告メンバー紹介メンバー紹介入会のご案内入会のご案内

HOME > 江別JCについて > 委員会紹介

総務委員会

総務運営担当理事 運営方針

 江別青年会議所が磐石たる組織運営を行えないのなら、我々がまちづくり・ひとづくりの団体として市民からの信頼に応え、活躍し続けることはできません。我々の組織に規律ある強固な運営基盤の定着と組織力の向上につなげる運営は欠かせません。そして、全会員が事業に対する明確な目的を意識かつ共有できた上で、我々が市民の意識変革を起こさせ、活動を運動に変えて行ける組織として「協動のまち江別」を実現する必要があります。
まずは、全メンバーが事業の目的を共有し、一丸となり活動していくために、通年開催される各種総会や様々な業務執行の議論がなされる諸会議にて、配布資料や上程議案資料の精査を行い、充分な議論を行うことができる会議を運営いたします。そして、メンバーが効率的に事業や例会の設えをするために、会議記録や各種資料、JC会館の備品の保存管理を統一し、JC会館の実用的な環境を確保いたします。さらに、関係諸団体の皆様に我々の運動に対してご理解をいただくために、新年の例会を企画し、基本方針や理事長所信の発表とメンバーが関係諸団体の皆様とつながりを持ちやすくする機会を作ります。また、事業予算や決算の承認、役員選任の決議を行うために、各種総会を開催し、全正会員が議決権を行使する場を設えます。そして、メンバーが基本方針の再確認と迅速な連絡をするために、要覧の企画・作成を行い、情報を共有いたします。さらに、メンバーに対する包括的なサポートの継続を確立するために、専務理事および事務局との連絡体制を強化し、「まちづくり・ひとづくりの団体として最大限に力を発揮できる組織の礎を築きます。
江別青年会議所に規律ある強固な運営基盤に基づいた組織運営が定着され、全メンバーが力強い信念と高い志を共有し継続していくことから、将来にわたり揺らぐことのない一体感と市民の意識変革できる力を兼ね備えた組織として「協動のまち江別」を実現します。

[事業計画]
1.会員および特別会員への各種案内文・連絡の送信文章作成
2.理事会、三役会議資料作成における専務理事の補助
3.総会、理事会、三役会の設営及び会議記録の保存管理
4.各種資料の保管、整理
5.各備品の管理
6.通常総会・臨時総会の企画担当
7.新年交礼会の企画担当
8.要覧作成の企画担当

渉外担当理事 運営方針

 江別青年会議所がまちを巻き込んだ運動を推進している現在、さらなる運動の拡大にはこれまで以上に地域の協力が必要不可欠ですが、市民の方々からの活動に対する認識と信頼が未だ不十分な現状です。メンバー全員が日々の活動を通じて強い目的意識と活動意義を理解した意識の共有を図り、市民からの期待に応えうる規律ある強固な運営基盤に基づいたまちづくり・ひとづくりの団体として「協働のまち江別」を実現する必要があります。
まずは、青年会議所が主催する各種大会や対外事業の必要性や重要性に対する理解を深めるために、迅速に情報を集約し、わかりやすく発信することで、開催される意義や目的を周知します。そして、各ファンクションへの参加率の向上のために、メンバーへ早期の呼びかけを行い、参加者と連絡調整を図り、状況に合わせた行程の準備することで、参加推進・参加啓発を行います。また、組織運営に注力できる環境を整えるために、各種会議や諸大会への取り纏めをし、登録業務や行程の作成を行うことで、専務理事やメンバーの業務負担の軽減を図ります。さらに、委員会活動の基礎力向上のために、議事録の監督や出欠状況等の情報を集約し、一目でわかるように提示することで、委員会状況の把握と指導できる環境を整えます。そして、規律ある組織運営のために、事務局会議を中心的に行い、事務局長や総務運営担当理事との連絡連携を強化することで、規律ある事務局を構築します。また、地域間における問題への対応をスムーズに共有するために、同じ志を持った近隣の石狩と当別の両JCと3LOMで合同の例会を実施することで、友情を育みます。
江別青年会議所メンバーが自分たちの活動に対する意味や必要性を強く認識し、規律ある運営のもと、自信を持って盤石な組織となることこそ、市民の期待に応えられる組織になる最短距離であり、その下支えとなる職務を全うして「協動のまち江別」を実現します。

[事業計画]
1.国内外における各種会議・大会等の情報発信および参加推進、企画運営、メンバーの参加調整
2.各種会議、諸大会への登録業務
3.出向者支援ならびに出向者との連絡調整
4.各委員会の活動状況の把握、委員会議事録作成の監督、情報集約
5.その他、事務局長、総務運営担当理事の補佐
6.3LOM合同例会の企画

専務理事

  • 和田 友弘

事務局長

  • 村山 慎一

総務運営担当理事

  • 日谷 真維

渉外担当理事

  • 久保 祐紀

 事務局員

  • 上田 祐輝
  • 清水 崇史
  • 松浦 智幸
  • 山田 晋司

拡大広報委員会

委員長 運営方針 

 青年会議所の運動は、まちづくり団体として市民の理解が伴わなければ目的を達成したと言えません。市民に青年会議所への関心を持ってもらい、青年会議所運動の理解へとつなげることが重要です。そこで、青年会議所の活動情報が市民に届いて、青年会議所の運動に共感した市民と青年会議所に信頼関係が育まれ、青年会議所と市民が直に顔を合わせて、気軽にまちづくりの意見交換ができる「協働のまち江別」を実現する必要があります。
まずは、青年会議所が展開する運動を市民に理解してもらうために、メンバーが広報に必要な知識と技術を身につける研修を実施し、市民に共感が得られる情報を発信する人材を育成します。そして、青年会議所が伝えたい情報を市民に届けるために、インターネットを用いた市民への広報を行い、適時情報を発信するとともに、事業や例会を記録し、画像や映像で青年会議所運動を魅力的に伝えます。さらに、より活発な広報活動を行うために、普段から個人で江別の情報発信をするメンバーが、公式の青年会議所情報を発信できる環境を整備し、新たな情報発信の仕組みを作ります。そして、市民に青年会議所に対して共感をもってもらうために、青年会議所の一人ひとりに焦点を当てたメンバー紹介を行い、メンバー個人の魅力を通して青年会議所への市民の親近感を深めます。そして、これまでと違った青年会議所と市民の交流関係を開拓するために、市内各所に広報物を配布して直接ふれ合う広報をし、広報物をきっかけに青年会議所を知らない方やこれまで関わったことのない諸団体と交流をすることで、青年会議所と市民の新たな出会いを増やします。
青年会議所メンバーの一人ひとりが、まちを一つにつなぐ架け橋となって、青年会議所の運動が多くの市民の理解と共に共感され、まちに住む人びとと気軽に意見交換ができ、お互い顔が見えて、心の通い合った信頼関係の育まれた「協働のまち江別」を実現します。

[事業計画]
1.対外的広報全般「共感される広報」の実施 (団体自体の広報及び各委員会の例会、事業の広報)
2.対内的広報全般
3.各種事業に関する記録・保存
4.各種団体との連携強化
5.OB合同例会の企画・実施
6.他団体合同例会の企画・実施
7. 新年交礼会の実施補助
8. 広報に関する研修の実施

副理事長

  • 丸山 賢一

委員長

  • 笹川 琢矢

副委員長

  • 内田  京

委員

  • 植村あかね
  • 佐藤 達哉
  • 高橋 佑輔
  • 名嘉真圭太
  • 細川 雄矢
  • 高橋 晴美

地域創造委員会

委員長 運営方針 

  江別青年会議所メンバーは明るい豊かな社会の実現を理念に、地域社会において運動を行っていますが、青年会議所運動の知識や魅力が十分に伝わらず積極的に活動に参加出来ていないメンバーが存在しているのが現状です。そこで、青年会議所運動の目的が広く共有され、JAYCEEとしての若きエネルギーを存分なく発揮し、個々の能力向上が図られ、市民を巻き込む実現力ある人財となり「協動のまち江別」を実現する必要があります。
まずは、メンバーの参加意欲向上を図るために、メンバーから様々な問題を抽出し、それらの問題を解決できる場を設けることで、青年会議所運動の魅力の1つである目的に向って行動する必要性を理解してもらいます。そして、様々な問題解決に向けた活動をするために、日本青年会議所公認プログラムを活用することで、机上で学ぶだけではなく実践し体験することから、まちの中心的役割を担い自ら進んで行動する人財を育成します。また、組織が一体となって活動するために、新入会員は青年会議所の知識や魅力を学び、会員同士が親睦を深めることで、何事でも相談できる仲間をつくり、共通意識を持つメンバー全員が有機的に連携できる環境を構築します。さらに、青年会議所運動に邁進されてきた卒業予定者へ感謝を伝えるために、更なる活動への門出を祝うことで、卒業という節目を迎えた方々を残されたメンバーで送り出します。そして、思いや考えを魅力的に伝えるために、人前でスピーチをする機会を設けることで、限られた時間で自らの考えをまとめ意見を的確に表現し、青年会議所運動を多くの人々に伝える人財にメンバーを育成します。
江別青年会議所メンバーが、日常生活の中でまちをもっと良くしたいと考え、自ら進んで行動する人財となり、活動が盛んな地域社会から、まちづくりの中心的役割を担い、一丸となって行動し江別のまちを一つに繋ぐ架け橋となり「協働のまち江別」を実現します。

[事業計画]
1.実現力ある人財育成に関する調査・研究
2.実現力ある人財を育成する事業の企画・実施
3.新入会員オリエンテーションの企画・実施
4.「卒業生を送る夕べ」の企画・実施
5.3分間スピーチの企画・運営

副理事長

  • 丸山 賢一

委員長

  • 鈴木 崇巳

副委員長

  • 中川 正隆

委員

  • 石田 亮太
  • 落合  亮
  • 佐賀  健
  • 佐々木亨暢
  • 高橋 利光
  • 難波  淳
  • 森本  護
  • 河辺 俊孝
  • 藤本 祐樹

地域創造委員会

委員長 運営方針 

 我が国は経済発展を経て、人々の生活基盤は豊かになりましたが、その反面、人と人との繋がりやまちづくりの活動が希薄化し、地域の活動が次世代へ受け継がれることが困難な状況があります。まちづくりの活動が上の世代から次の世代へ継承されず、若い世代が江別に関心を持てず離れる現状を変えなければ、江別の発展はありません。江別に住む全世代でまちの発展を考え行動することで、「協働のまち江別」を実現する必要があります。
まずは、若者が地域活性の活動にもっと携わってもらうために、世代間での問題点の違いや価値観の違いに対する意見を聞くことで、地域の問題が自分たちの問題でもあるという意識を醸成します。そして、若者に江別への関心を持ってもらうために、地域事業に積極的に参加してもらい、我々と共に事業を行うことで、市内にある様々な魅力を感じてもらい、市や企業、行政の方々との関係を深めてもらいます。また、若者が自らのまちを自分たちの手で作り上げていくために、若い世代同士が共通の問題意識を持つことで、若者の意見や考えが様々な世代に強く発信できることを目指します。さらに、江別の未来を担う若者や子どもたちに、地域との繋がりや各世代との繋がりを強く持ってもらうために、我々が起点となり地域への思いを若者世代に伝え、若者世代は、その下の世代へ伝えていく流れを創出することで、世代を超えた地域との繋がりの強化を目指します。そして、我々の活動をより広めていくために、普段から支えていただいている方々に感謝をお伝えし、我々の活動内容の成果を総括することで当青年会議所の運動の意義を発信していきます。
各世代の交流が活発になり、新たな出会いや人間関系が生まれ、江別に住む人たちが地域との繋がりが深まると共に、互いに世代を超えて問題認識を共有することにより、若者の減少を抑え、まち全体が一体となり活動することで、「協働のまち江別」を実現します。

[事業計画]
1.若者が集うまちに関する調査・研究
2.若者が集うまち江別を創造する事業の企画・実施
3.冬季イベントの参加協力
4.「クリスマスファミリーパーティー」の企画・実施

副理事長

  • 深瀬  聡

委員長

  • 池田 芳輝

副委員長

  • 井上  剛

委員

  • 伊藤    海
  • 大作  広
  • 大滝 伸也
  • 大塚 隼人
  • 大森 桂輔
  • 梶原 圭祐
  • 佐々木一典
  • 佐藤 大介
  • 鷹架  諭
  • 仲谷 知明
  • 堀  直人
  • 村上  亮
  • 森木 健一
  • 岩村 太郎
  • 羽田 一寛

地域創造委員会

[事業計画]
1.会員拡大に関わる調査活動、新入会員候補者リスト作成
2.会員全体への拡大活動の周知徹底
3.会員拡大特命会議の主宰
4.新入会員の審査と理事会への具申
5.メンバーに対する新入会員情報の発信
6.会員拡大に関する例会の企画・実施

議長

  • 後藤 一樹

副議

  • 松山  敏

議員

  • 蔵口 正明
  • 深瀬  聡
  • 丸山 賢一
  • 村山 慎一
  • 和田 友弘

地域創造委員会

[事業計画]
1.メンバーに対するONE EBETSU ACTION 2020の周知
2.メンバーが市内各団体と「ひと」のつながりを持つためのサポート業務
3.メンバーに対する江別市の各政策、ビジョンの周知
4.江別の防災ネットワークに関する調査研究・情報共有
5.メンバーに対する、江別市内の各種団体、各種イベントの情報提供

ONE EBETSU ACTION 担当理事

  • 松山  敏